世界を狙う C CHANNELが果たす「大きな約束」

世界を狙う C CHANNELが果たす「大きな約束」

モバイルでイノベーションを起こす「人」と「仕事の舞台裏」にスポットライトを当てるMOBILE PEOPLE。第一弾はC Channel代表取締役社長の森川亮 氏です。2015年に女子のためのファッション動画マガジン C CHANNELを創業してわずか1年半あまり。誰もが手軽に取り入れられるおしゃれなファッションやメイクなどのHow to動画が人気で、今や月間リーチがグローバルで2億人のメディアに成長しています。森川氏がビジネスを成功に導く秘訣とは?失敗はどう乗り越える?未来に見据えているものは?
FIVE の菅野圭介が聞きました。

C CHANNEL(https://www.cchan.tv/
FIVE(https://www.five-corp.com/

  • Facebook
  • Twitter

森川氏ならでは?
事業垂直立ち上げのための意思決定のしかた ―
「ディスカッションは必要ない」「失敗はテスト」

菅野
C CHANNELはいま月間リーチが2億人* を超え、Facebookのフォロワー400万人のうち半分は海外の人たちだとお聞きしました。国もタイ、台湾、韓国、中国、インドネシアまで広がり、さらにベトナム、フィリピン、マレーシアでも準備が進んでいるということです。

昨秋にはTVCMも放映開始されました。事業展開のスピード感がすごいですし試行回数も多いですよね。どうしてそれだけ打ち手を多くできるんですか?

※ 2017年1月時点

森川
それはまあ経験が大きいかもしれないですね。元も子もなくてすみません(笑)。

でも実現可能性というのが見えるというのはあります。どんな業界やテクノロジーにもアイデアはいっぱいありますけど、そのアイデアが具現化するまでの時間や具現化した時のインパクトというのが経験値によってわかるところがあるので、早く意思決定ができる。大事なことは失敗したときにリカバリーできるかどうかだと思っていて、そのあたりが見えているので失敗できる余裕があるということかもしれないですね。

菅野
これまでC CHANNELが経験した失敗にはどんなものがありましたか?
森川
そうですね、最初外国人をいっぱい集めて投稿してもらってその投稿だけで始めたらうまくいかなかったとか、男性からモテていそうな女性の投稿でほかの女性から反感買ったりとか、失敗例はいろいろありました。ある女性の投稿は「きょうは久兵衛行きました、きょうはこんなバッグ買いました」という感じで、ほかの女性からみたら「なによこの人」となってしまったりですね(笑)。
菅野
それを失敗だったと判断するタイミングは?
森川
判断というか、当初あらゆるコンテンツを動画化して出してみたら明らかに数字が違ったんですよ。なので、ダメなものをやめていいものにフォーカスしたら、それが How to動画* だったんです。

※ 編集注) How to 動画とは、様々な商品やカテゴリのサービスの使い方やコツを伝える動画。文字での説明と比べて直感的に内容を理解することができる特徴を持つ。

菅野
ユーザーの反応に向き合ったら自然にHow to動画になっていったということですか?
森川
そうですね、そしてその意思決定は早くしました。僕はなるべく議論するのはやめてるんです。ありがちなのが、社内でディスカッションして皆の意見を吸い上げて形にしていくやり方ですね。でも必ずしもディスカッションが大事かっていうとそれも一部の人の意見ですから。僕は女子たちからさんざん怒られて、森川さんは女子の気持ちをわかってない、若い人たちの気持ちがわからないおじさんだとかいろいろ言われたんですけど、でもやってみるとその女子たちが言っていることもまた違ったりするんです。IT企業で働く女子が普通の女子なんだろうかというと、それも違うわけなんですよ。
なのでまあやってみないとわからない。そのかわり、ある程度やりきらないといけないというのはありますよね。少しずつやっていてもそれが本当に間違っているのかわからないので、ある程度思い切って振ってみる。そうすれば空振りになるかそうじゃないのかというのが明確ですから。なるべく議論をするのはやめて、可能性が高いものから順番に試して、うまくいったらそれをやる、ということを繰り返しています。
菅野
失敗パターンも織り込み済みのやりかたをしているから浅い失敗になっているっていうことなんでしょうね。
森川
そうですね、失敗もテストなんです。
菅野
でもある程度やりきるために大振りすると、振ったあとのモーションも大きくなるじゃないですか。それって社内の疲弊につながりませんか?
森川
うん、けっこう疲れてるね(笑)。でも僕の経験上、一番会社にとって大事なのは成長し続けることで、暇で楽だけど成長しないというのが一番まずいので、疲れてもとにかく次の成長を作っていくということですね。

How to動画の発明とこれから目指すもの ―
「人の知恵を動画でシェア&蓄積」

菅野
How to動画の中でも特に人気が高いものに傾向はありますか?
森川
見た目がどうしても大事ですね。“やる前とやる後でこんなに変わっている”ということがすごく重要ですし、それから誰でもできるということ。How to動画だけどこんなこと普通はできません、というものは意味がないので、“こんなに簡単にできる”が重要だと思いますね。例えばファッションで、いわゆるハイブランドのコーディネートの紹介をしても、欲しいとは思われても行動には移されないんですよ。それよりは、しまむらを使ってこんなおしゃれになりますというほうが数字は上がるんですよね。いかに一般の方の目線で、かつ、それがリッチに見えるのかというのが重要なところです。
菅野
個人的には、去年朝ドラで暮しの手帖の創業者がモデルになった『とと姉ちゃん』を見ていて、あぁこれは女性のためのHow toの原点だと思ったんですよね。それがいまはC CHANNELでは簡単な動画で見られる。女性ユーザーに対して提供している価値は似てるのかなと。
森川
そうですね、いま投稿も強化していて、そういう動きは世界中にあるじゃないですか。みんなに投稿してシェアしてもらいたい。人の知恵をシェアするというのがもともと検索の概念としてあるんですよね。Q&Aの形もNAVERが最初に始めたんですよ。僕がNAVER の初期にいた頃に『知識plus』というのやっていて、それを色々な企業さんとかが真似しはじめて(笑)。C CHANNELはいわゆるキュレーションメディアではなく、個人の人の知恵を動画で蓄積できるメディアとして価値を高めたいと考えています。
菅野
オリジナルコンテンツで、アーカイブ性にこだわってるのもそういうところですね。動画の百科事典とでも言うべきでしょうか。機能的な価値を提供しているというところが今のインターネットビジネスでのストック型の価値につながっていくということですね。

10年で世界的なメディアグループへ ―
「既存メディアと連携しながら新しいデジタルメディアの価値をつくる」

菅野
既存メディアとの連携は進んでいるんですか?
森川
そうですね、例えばTBSさんとは一緒に連携をして、ドラマの広告主のコンテンツをC CHANNELでも一緒にやったりしてますね。
菅野
テレビ局とはどこまで深い連携ができると思いますか? テレビ局にはテレビ局の大きなビジネスがあって、スマホに視聴者がいってしまうということについては危機感も、携わる立場によってはあると思いますが、協力できるポイントはどんなところにあるんでしょう?
森川
テレビは100%の人にリーチはできない、特に若い人のリーチがどんどん減っていくということで困っているので、そういうところでは一緒に組んでいきたいと言われることが多いです。作り手側としてもスマートフォンで動画をみることがどんどん一般的になっているので、両方で連携してコンテンツを作りたいという話はけっこういただいています。僕はもともとテレビ局出身で話がわかっていますし、よく相談をうけますね。狭い業界でみんな悩みは一緒なので、一緒に解決しようという動きにもなりそうな気がしています。
菅野
そうした連携はすぐに当たり前になるとみていますか?
森川
そうですね。まあ単純に昨年2016年とそれ以前を比べると急激に変わっているので、2017年はおそらくもっと早いスピードになるのかな。早ければ1年で変わるような気がしますね。遅くとも3年以内にはダイナミックに変わるような気がします
菅野
創業当初からおっしゃっている、10年で世界的なメディア企業になるというお話も見えてきますね。
森川
おそらく既存メディアからデジタルメディアへの移行は更に進むと考えられるので、既存のマスメディアと連携しながら新しいデジタルメディアの価値をつくっていきたいと考えています。

広告を超えて ―
「企業の広告メッセージは怪しまれている」
「スキップできる時代にスキップされないものは…」

菅野
広告視点の質問になりますが、いまC CHANNELで一番広告主に評価されているポイントはどこですか?
森川
やっぱりターゲットに商品の魅力を伝えることができる点が一番強いと思います。今までのメディアってリーチや認知を中心にやってきましたけど、リーチや認知が必ずしも購買につながらない時代になってきたのかなと。それは企業が言っているメッセージが本当にそうなのかどうか怪しいというふうに見られているので。それがC CHANNELだと商品の価値をちゃんと訴求できるし、皆さんはHow to動画という形でやってみることで参加・行動に促すようになっているので、そこは評価されてますね。
化粧品だと通常は化粧品のCMってきれいな女優さんがバーっとやって、ああきれいですよねとなりますが、そもそもこの女優さんは本当にこの化粧品を使ってるんですか?ってみんな思っているわけなんですよ。それがもう普通の人が出てきて、例えばこの化粧品はこういう良いところがあってこういうメイクの仕方をするとこんなに変わりますよ、というのを見れば、確実に商品の価値もわかるし前後での違いも明確なので、皆さんも信頼して結果的に行動に移るということが起こっています。
菅野
認知が必ずしもセールスにつながらないというのはいまの時代がそういう時代なんだと思っていますか? つまり広告というフォーマットがもう制度疲弊を起こしているというか、そういう感覚をお持ちですか?
森川
おそらく無理矢理広告を見せられた時代とスキップできる時代の違いかなと思っています。無理矢理広告を見せられる時代というのは、みんな仕方なく見ていたんだと思うんですよね。それが今、スキップできる時代に、あえてスキップしないものってなんだろう? ということが重要かなと思っていまして、それはやっぱり押しつけではない、お客さんの求めるものがその中に入っているという要素がとても大事だと思うんです。それでそこに信頼感があれば一番ベストかなと思っていますね。

孫正義氏が教えてくれたこと ―
「みんなが応援せざるを得ないでかい約束をする。」

菅野
森川さんのモチベーションの源泉を教えてもらえますか?
森川
責任感ですかね。まあそんなに毎日楽しいことないです。ほとんどが嫌なことですからね(笑)。
菅野
極論、生きて死ぬまでに何を成し遂げたいかってことですかね。
森川
前に孫(正義)さんに会ったときに、「森川くんはいくら借金してるんだ?」って言われて、LINEの時に200億円くらい借金してたのでそう言ったら、「それだけしか借金してないのか、俺は8兆円借金してるんだぞ」って言われて、いやーすごいですねと。「それがどういう意味があるかわかってるか?」って言われて、いやーわかりません、と言ったら、「8兆円も借金したら誰も潰せないから応じてくれるんだ、まだまだ借金しろ」と言われました(笑)。

でも約束なんかもそうで、とんでもない約束をするとみんな応援せざるを得ないので、小さな約束よりはでかい約束をしたほうがいいです。期間を重ねればいつか約束を守れるかもしれない。「明日までに地球を制覇します」と言っても無理ですけどね、10年くらいのスパンでいうと10年後だったらできるかもしれないですからね。

菅野
僕も会社を始めて、まだまだですけど、やっていく中で当初考えていたことよりも違う景色がみえるものだなと感じています。
森川
つらいことをやり続けられる人ってけっこう少ないんですよね。それが1年とか2年はできるけど、じゃあ10年やるかっていうとほとんどいないですよね。だからそれをやり続けると、違うことが起こるんじゃないですかね。
菅野
では5年10年ぜひおつきあいさせていただいて…
森川
ぜひぜひ。逃げないでくださいね(笑)。
Interviewer by Keisuke Kannno
Written by Meiko Sekiji